けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

コミカレ 2セメスター目が始まりました。

f:id:kendamaaa:20190210141550j:plain

ほぼ1か月ぶりの更新になります。

3か月でブログをやめる人がたくさんいるっていうのをよく見て来たけど、ブログを始めたころは、さすがに3か月以上続くと思っていたのですが、そうなりました。

ブログを書く時間がないわけではないけど、ブログをするよりほかにすることがあるってことで、明日書こうってなっている状態…

 

ブログを地道に毎日書いている人を感心します。

さすがにもう最初に1か月みたいに毎日投稿するのは無理ですが、やめることなく続けていきたいと思います。

 

本題に入ります。

 

前回のセメスターは初めてのセメスターでした。取ったクラスは、ESLが2つとCSのクラスが1つでした。前回はかなり少なかったのでだいぶ楽ができました。しかも、ESLがほとんどだったので、そこまで大きなハンデはなかった感じです。

 

今回のセメスターでは、CS、物理、数学、経済のクラスを取っています。

もともと、ESLを取る予定だったのですが、1セメスターに18単位以上取ることができないということだったので、取るのをやめました。やめるというか、1つスキップすることにしました。

 

CS

前回のセメスターではPythonを勉強していたのですが、もうPythonをクラスとして取ることはできません。C++かJavaのどちらかを選ばないといけませんでした。

 

UCデイビスのCSでは編入の時にJavaを認めてもらえません。なので渋々C++を取りました。別に、C++が嫌なわけではなかったけど、Javaのほうが取りたかった。

UCバークレーだとどっちでも大丈夫です。保険のためにC++を取りました。

 

とってみて思ったのが、Syntaxは違うだけでほとんどPythonと同じだということです。まあ、C++独自の考え方などはありますが、基本は同じ考え方でした。forとかwhile、 if/else。

 

 

物理

今回取っている物理のクラスは、編入するのに必要な物理にクラスの1番初めのものになります。

ここで、1つ驚くことがありました。それは学習内容です。

何かというと、力学の1番初めのものです。高校生ならわかると思いますが、v=v0+at 

とかの分野です。

日本ではいつ勉強するかというと、高校1年生です。しかも、普通の大学受験する人なら、選択次第で文理関係なく勉強する分野になります。

それを大学生になってから勉強するとは…

逆に、高校の時は何を勉強しているのでしょうか。中学の頃の理科で物理的なものなに勉強したっけ?

 

数学

今回取っている数学はCalculusⅢというクラスを取っています。Ⅰ,Ⅱもあるのですが、これも高校の時に勉強していたのでスキップしました。(スキップするにはちゃんと理解しているかを証明しなければいけません。)

ちなみに、Ⅰ,Ⅱの学習分野は微分積分です。日本の理系高校生が勉強している内容です。

Ⅲでは、ベクトルをしています。これも、高校の時に習いました。まさか、ベクトルを0から勉強するとは思ってませんでした。

 

でも、少しだけ日本とベクトルの使い方が違いました。

日本だと立体図形のある辺のベクトルを求めたり、図形に関連したことが多くありました。まあ、複素数と連携させた問題なんかも解いた記憶があるけれども。

アメリカのクラスだと、ベクトルをもとに平面の方程式を求めたり、直角のベクトルを求めたりします。これは、決して難しいものではなく、それぞれに公式があります。

 

日本のように難しい問題を解けるようになるのではなく、広い分野を勉強して基礎をつかむっていう感覚です。

なので、同じベクトルでも勉強することはかなり違います。

a×b とは何か。(a・bとは違います。)projection や componentとか。

しかも、基礎なだけあって進むのがめちゃめちゃ早いです。とはいっても、基礎なので簡単なんですけどね。

 

 

経済

経済のクラスが、今回のセメスターの1番の大きな課題となるであろう。

経済のクラスは基本的に、講師がずっと話しています。なので、それを聞いて、質問して勉強する形。

まだ英語ができないので、正直なにを言っているかさっぱりわかりません。なので、教科書を読んで予習しておくことが必須になります。

今のところは8割くらいついていけていると思うのですが、これからどうなるかが少し不安です。

まだ、経済は分析など数学的なところがあるので何とかなっています。宿題とかは、分析が多いので、いまのところそこまで英語が必要だとは思っていません。

 

テストがどんな感じになるかによって今後の経済クラスがどうなるかが決まりますね。

 

 

全体のクラスを見て

今回のセメスターは何とかなりそうです。てか、そう願います。

 

今思えば、どのクラスでもクラス中に教科書を一回も開いていないということです。すべての授業が講義で進められているので、正直英語がわかって、よく話を聞いていたら教科書自体必要ないのではないかと思わされます。

 

今回の1番の失敗といえば、物理のLabのクラスを金曜日の午後に入れてしまったことです。Labは3時間もあり、金曜日なのに午後まで学校に残らなければいけません。

週の最後の日が一番しんどい。

次は火曜日くらいに入れようと思います。

 

次のブログがいつになるかわかりませんが、いつか書きます。さすがに、1か月後とかになることはないかな。

それじゃ。

ブログの文字色が黒だと読者にやさしくない!

f:id:kendamaaa:20190112154704p:plain

ブログを始めて少ししたら、誰しもブログのカスタマイズに興味がわくと思います。

僕もそうでした。この時に見つけた読者は気付かないであろうが、読者にやさしいカスタマイズを紹介します。

超細かいことなので、コードも短いですが一応コピペ用ってことで載せておきます。

 

 

多くのブログの背景は白ですよね。そして、文字は黒。

 

ソレダメ!

 

1.背景が白で文字色が黒だと、色のコントラストが強すぎで見ているうちに自然と目が疲れてきます。

 2.背景が白で文字色が黒だと、色のコントラストが強すぎで見ているうちに自然と目が疲れてきます。

 

 なので、真っ黒ではなく、ほんの少しだけ明るくします。とはいっても、ほぼ分らない笑。 

ちなみに、真っ黒はコードで書くと#000000です。 

上の分の1か2のどちらかが真っ黒で、どちらかが少しだけ薄い黒です。凝視すればわかるわ。

色の違いが区別できないのなら、わざわざ文字色変更しなくてもいいやん。ってなると思いますが、これを知ったら「あ、じゃあ変えたほうが良さそうやな。」ってなるはずです。

 

それは、私たちが知っているウェブサービス達は真っ黒の文字なんか使ってない!

 

例を挙げてみます。

このブログを読むために何を使いましたか?Google? Yahoo?

 

Googleの検索結果の色はこの文の色です。って言ってもわからんか。

 コードで表すと、#222です。

 

Yahooの文字色は、#333333です。

 

このブログの親元のはてなブログは、どうでしょうか。

はてなブログは、#242527です。

 

ニュース記事はどうなのか。例として、朝日新聞デジタル・NHKを挙げます。

朝日新聞デジタルは、#0A0A03です。

 

NHKは、#333です。

 

これだけ挙げれば十分だろう。

ご覧の通り、真っ黒である#000000を使っているところはありません。

 

このことによって、あんまり気付かないけど大切だということが分かります。

やっぱり、真っ黒だと無意識のうちにつかれるのだろうか。

 

 

ということで最後に文字色の変更のCSSのコードを書いておこうと思います。

 

body {color:#222;}
 
これだけです。好きな色を #〇〇〇〇〇 って感じで変更して使ってください。
 
これをブログサイトのCSSを書くところに貼り付けたら完成。
 
 
はてなブログだと、デザインのところのココ!に書き込みます。

f:id:kendamaaa:20190112163940j:plain

 
終わり。

No.15: SALMON LIMONE

このカテゴリーでは、毎週木曜日・金曜日に、アメリカで食べられている料理の作り方を載せていきます。

気になる料理であれば、土日の夕飯に試してみてください。土日じゃなくてもいいけど

今回のレシピは、

「SALMON LIMONE とクスクス、イタリアンハーブ、ズッキーニサラダ」

f:id:kendamaaa:20190111155654j:plain

今回は、久々の魚料理です。鮭。

 

 

 

~レシピ~

「SALMON LIMONE」

調理時間:35分 (レシピによると25分)

カロリー:670

 

材料 2人分|4人分  記事の最後にリンクあり

  • ネギ 2本|4本
  • トマト 1個|2個
  • クスクス 120ml|240ml
  • チキンストックの素 12g|24g
  • 鮭 280g|560g
  • イタリアンシーズニング 小さじ1|小さじ2
  • ズッキーニ 1本|2本
  • レモン 1個|2個
  • サワークリーム 大さじ2|大さじ4
  • バター 大さじ2|大さじ4

 

1. ネギを白い部分と緑の部分に分けて、輪切りにする。

トマトを小さいブロック状に切る。

f:id:kendamaaa:20190111155829j:plain

 

2.中くらいの鍋に大さじ2のバターを溶かし、中火でクスクスを加え混ぜる。

色づいてきたら、水240mlとチキンストックを加える。そして、沸騰させる。

沸騰したら、弱火にし、7‐9分熱する。

 

3.鮭の表面の水分をふき取り、塩コショウ、イタリアンシーズニングを振る。大さじ2のバターをフライパンに溶かし、焼く。

f:id:kendamaaa:20190111155843j:plain

 

4.一方、ピーラーを使ってズッキーニを縦方向にスライスする。この時、種の部分は使用しない。

レモンの皮をみじん切りにする。レモンを4分割する。

ボウルにネギの緑の部分、トマト、ズッキーニ、オリーブオイル、半分のレモン果汁、塩コショウを加え混ぜる。

f:id:kendamaaa:20190111155856j:plain

 

5.クスクスができたら、ネギの白い部分、小さじ1/2のレモンの皮、塩コショウを鍋に入れて混ぜる。

 

f:id:kendamaaa:20190111155908j:plain

 

6.小さい小皿に、サワークリーム、残りのレモンの皮、塩コショウを混ぜる。必要に応じて水を少し加える。

 

7.盛り付けをして完成。

f:id:kendamaaa:20190111155930j:plain

 

材料

 

前回の記事

 

 

アメリカ留学で教科書費を極度に抑える方法

f:id:kendamaaa:20190108143829j:plain

アメリカの教科書は高い!

普通のとこで新品の本を買うと、モノによっては$300(33000円くらい)します。

数学の本とか普通に買ったらめちゃめちゃ高いです。

しかも、取るクラス分ごとに用意しなければいけません。

留学のための学費だけではなく、教科書代にも悩まされることになります。

教科書代を節約するためにはたくさん方法があるのですが、極限の節約と、僕のおすすめの方法を紹介していきます。

 

 

そもそも教科書ってどうやって手に入れるの?

教科書を購入する場所は、大学の本屋さんもしくはネットです。

 

また、教科書の購入といってもいろんな選択肢があります。

1.新品購入 2.中古購入 3.レンタル 4.PDF

 

大学で購入する場合もこれらの選択肢があります。

レンタルとは、学期が終わるまでの間だけ貸してくれるというものです。eBay ではこのサービスはありません。

PDFは、データです。実際の本を手にすることはできません。本のファイル版がもらえます。

値段でいうと、だいたい1>2>4>3 の順番になります。

 

ネットで買うとなると、Amazon や eBay です。まあほかにもいろいろあるけれども…

自分の伝えたいことに関係ないので省きます。

 

僕のおすすめの購入法

僕はまず最初に eBay を使います。てか、eBay しか使いません。

ここだと、定価の何倍も安い教科書が並んでいます。

だたしここで気を付けなければいけないことがあります。中古品もたくさん並んでいるので、品質をしっかりチェックすることが必要です。これを怠ると、書き込みだらけの教科書を買うことになるかもしれません。

 

これだけでも相当安く済ませれるのですが、本によってはもっと安くする方法があります。

探しているとタイトルは一緒だけど、カバーのデザインが違うっていう本を見ると思います。しかも、その本に限ってもっと安い。

 

その本の正体は「International edition textbook」です。

これがどういうことかというと、本の内容は一緒(たまに、ページ番号が違うことがあるみたいです。)だけれど、製造された場所が普通のとは違うということです。東南アジアとかで印刷されているみたいです。

その分多少紙の質が落ちたりするみたいですけど、正直わかりません。

ちなみに、この印刷方法自体は違法のものではありません。違法に販売しているところもあるやろうけど。

 

僕はこの方法で、定価$200の本を$20で購入しました。しかもその本は2018年出版でした。つまり、最新の教科書も安く購入できるということです。

 

 

僕は嫌だけど、もっと安くする方法

PDFのデータとして購入することです。AmazonだとPDFでもそこまで安くはなってないのですが、eBay だと信じれないくらい安いです。

さっき言った$200の本はPDFだと$5でした。97.5%の節約です笑

ただし、PDFなので電子機器が必要になります。パソコンですね。

僕は、パソコンより実際にページをめくって読みたいのでこの方法は嫌です。また、書き込みとかしたいときにパソコンだと面倒なので。

パソコンで教科書を使うのが全然気にならない人にとっては、かなりいい方法ですね。

 

 

極限に抑える方法

場合によっては、お金が入ってきます。

先ほどのおすすめした方法で購入するのですが、そのあとにお金を取り戻します。

簡単に言うと、授業が終わったら教科書を売ります。

 

まず、中古できれいで安いものを買ったり、新品だけど安いものを買います。

授業がある半年くらい、その教科書をできるだけきれいに保ちます。とはいうものの、書き込みしないようにするだけ。

そして、授業が終わったら売却。大学の本屋さんでも買い取ってもらえます。それか、eBay に出品するか。

うまいこと売れれば、購入した時よりも高く売れるかもしれません。なにせ、安く買っているから。

 

ただし僕は教科によってはこの方法は使いません。大切な科目は、本に書き込みをするので。

 

 

以上!

節約したお金でおごってください。笑