けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

アメリカの学生ビザ(F-1)の用意から面接予約までの流れ

f:id:kendamaaa:20181011143944j:plain


 

 

アメリカ留学のことを考えるなら避けて通れない第一の壁がVISAの取得。集める書類がたくさんあったり、面接があったり、不安になることがあると思います。

そこで、自分の実際の経験をもとに注意する点に触れながら準備から面接予約までの流れを説明していきます。ちなみに、僕は2018年6月にVISAを取得しました。大変やったわ

 

 1. ビザについて

アメリカのビザには大きく分けて3つあります。移民ビザと非移民ビザと特別ビザ。留学の場合は非移民ビザになります。

この非移民ビザの中にも種類があり、商用・観光ビザ、学生ビザ、就労ビザなどいろいろあります。中には使用人ビザという面白い名前のものもありました。就労ビザでも良さそうやけど

学生ビザの中にも2種類あります。F‐1とM‐1。 カーレースと漫才

ざっくり説明すると、F‐1ビザが高校留学や大学進学、語学学校に通う人向け。M‐1ビザが専門的な研究をする人向け。今回はF‐1ビザについて説明します。

 

参考:米国ビザ申請 | 学生ビザ - 日本 (日本語)

 

2.そもそもビザ必要なの?

 

実は、3か月以内の語学研修ならビザなしでも大丈夫なんです。ただし、授業を週18時間以上、もしくは1学期あたりに12単位以上取得する場合はビザが必要になります。

その代わり、ビザなしで渡航する場合にはESTAの申請が必要になります。これが、結構忘れがちなんですよね。ESTAの申請はすべてオンラインでできます。ちなみに、ESTAの申請には$14かかります。ビザが必要な人は、気合と忍耐がかかります。

 

参考:ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館

3.ビザ取得までにいくらかかるの?

  • パスポート(持っていない人のみ):5年間 11000円   10年間 16000円
  • I‐20のために:学校によって異なるが僕は$50(5500円くらい)だった
  • ビザ申請料:$160(18000円弱)
  • SEVIS 費用:$200(22000円くらい)
  • 面接のための交通費

ビザの取得だけでもかなりの費用がかかってしまいます。僕はなるべく節約するために留学エージェントの力を借りずに1人ですべてやりました!

 

4.ビザのために必要なもの・用意の仕方

  •  パスポート
  • 過去10年以内のパスポート(なければなくてよい)
  • 銀行残高証明書(英文)
  • 証明写真1枚
  • 入学許可証(I-20
  • SEVIS費用を支払済であることを示すI-901
  • オンライン申請書DS-160フォーム
  • 面接予約確認書
パスポート

パスポートは滞在予定期間に加えて6か月の残存有効期間がないといけません。また、パスポートがないと何も始まりません。嘘です。証明写真は撮れます。あと、残高証明書ももらえます笑。

僕はパスポートの期限が切れていることを気づくのが遅くなり時間をかなり無駄にしました。しかも、市役所閉まるのめっちゃ早いし、土日はお休みで申請してからも10日かかるからほんとにもったいなかったし、焦った~。

無駄な心配をしないように早めに確認して、必要ならば申請を!

過去10年以内のパスポート(なければなくてよい)

棚の奥から引っ張り出してきて、小学生の自分の顔写真を見るとやっぱりおさない!このころは何して遊んでたんやっけ?とかいろいろ考えたりして。成長したな~。はい、余談でした笑。

銀行残高証明書(英文)

面接時に持っていく必要があるのでそれまでに銀行に英文の残高証明書を申請し、入手してください。これが僕の一番の落とし穴でした。銀行の残高証明書のことを知らずに面接の予約をしようと最後に必要書類を確認したら銀行残高証明書(英文)の文字が…

慌てて申請するものの英文であることから手元に届くまでに1週間かかりました。仕方なく面接を1週間延ばすことになってしまいました。

ちなみに銀行残高証明書(英文)はアメリカに来てからも何回か使うことがあるので多めに申請しておくことをおすすめします。

証明写真1枚

5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真でなければいけません。また、あなたがメガネ愛好家だったとしても、メガネを外して取らないといけません。手に握りしめて撮ってください。

この写真はDS-160を用意するときに必要になります。デジタルデータとして添付できるので用意できればそっちのほうが楽かも。

またまた僕の話になりますが、僕はある証明写真機で撮りました。800円の普通モードと1000円の美肌モードがあり、もちろん普通モードを選びました。質より値段!そして、出てきた写真の背景は… 白じゃなきゃダメなのに!

美肌モードをよく読むと、背景の色の変更とありました。なんで美肌って名前つけるわけ?そこでしぶしぶ美白モードを選び再撮影。800円無駄にした。これなら写真屋さんでとったほうが安いし、データ化もしてくれるし後悔。

参考:証明写真の詳細

入学許可証(I-20)

入学する学校から送られてくる書類です。内容が正しいか確認してください。

アメリカからはるばる封筒が届くので時間がかかると思って早めの準備を。

 I-20の取り方はこちらをご覧ください。

 

SEVIS費用を支払済であることを示すI-901

I-20に記載されているSEVIS IDをもとに費用を払います。この時領収書(I-901

)を印刷することを忘れないように!面接時に必要となります。

参考:SEVIS費用の支払い

 

 オンライン申請書DS-160フォーム

これがすごい大変…

インターネット上で入力するのですが質問が相当多いです。全部入力するのに1~2時間くらいかかります。セーブできるから一度に終わらせる必要はないです。その時に申請IDを書き留めておくことを忘れないように! そもそも、一度に終わらせるのはかなり大変です。入力方法はアメリカ大使館が出しているビデオをみたらスムーズにできます。

残念なことに入力ミスを気付かずにセーブすると訂正できません。書き直しです。そのおかげで3回も書き直しました。3回目はかなりスムーズに入力できました笑。よく確認してください。

DS-160が完成したら、次にビザの申請料金を払います。これも、インターネット上で手続きできます。この時に、領収書を印刷しておくようにしてください。

 面接予約確認書

ここまで、できたら次は面接の予約です。面接は、東京・大阪・那覇・札幌・福岡のいづれかのアメリカ大使館・領事館で行われます。

ここで注意なのが、札幌・福岡で面接する人は上記の書類を面接の1週間前までに郵送する必要があります。(ただし、パスポートはコピーでよく、面接時に原本を持参)

参考: 札幌・福岡の場合

明日明後日で予約が取れるわけではなく、面接後にビザが手元に届くまでにも1週間程度かかります。なので、出発日ぎりぎりにならないように気を付けてください。僕は予約日の1週間後に面接することができました。でもなぜか午前中しか空いてなかったんよな

参考:面接の予約

 

ここまでがビザを取ろうと思い立ってから面接予約までの一通りの流れになります。ここまでで必要な作業かなりの部分が終わりです。

あとは面接!その前に地方の人は高速バスとか新幹線とかの予約も必要になりますね。

面接と手元に届くまではこちらの記事をご覧ください。