けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

アメリカの学生ビザ(F-1)の面接から手元に届くまで

f:id:kendamaaa:20181012095721p:plain

前回の記事に引き続き、アメリカの学生(F-1)VISAについてです。まだ面接の予約していないという人はこちらをご覧ください。

 

 

今回はVISA取得のための面接について説明していきます。正直に言って、面接予約まで完了しているならばほとんどの作業は終わりです。あとは移動だけ。これは完全に主観です笑。それにしてもこれは言いすぎかな笑

目次

 

面接時の持ち物

  • パスポート(原本)
  • 過去10年以内に発行されたパスポート
  • DS-160申請確認書
  • I-901
  • 入学許可証(I-20)
  • 銀行残高証明書(英文)
  • 証明写真
  • 面接予約確認書

上記の書類をクリアファイルにまとめて持参

ここで注意なのが、荷物を持っていきすぎてもダメということです。大きい荷物だと入れてもらえません。地方から来たのかスーツケースを持ってきていた人は止められていました。

刃物やライター、飲食物も持ってはいることができません。しかし、これらは入り口にある箱で預かってくれるみたいでした。(大阪の領事館です。)

また、携帯1台以外の電子機器も持って入れません。

不安を減らすために僕は携帯・書類達・ショルダーバック・財布だけで臨みました。もちろん問題なし。荷物がある人は、近くのロッカーに入れていくのがいいかも。

参考:申請書類の準備 (チェックリスト) 

参考:もって入れないもの

入口から面接終了までのお話

大まかな流れ
  1. 待機
  2. 手荷物検査
  3. 書類確認
  4. 指紋採取
  5. 面接

参考:アメリカ非移民ビザ面接の手順(ビデオ)

実体験を含めた細かな流れ

領事館へ向かっていると警察官がたくさんいるなーって所がありました。領事館です。予定時刻の15分くらい前に着きました。予約時間の人は列に並んでいて、もう少しの人はベンチではないけど花壇のふち?に座っていました。そこに座っていると係の人が面接確認書を見て誘導され列に並びました。

5分も待つことなく手荷物検査へ。まず、携帯の液晶を調べられました。飲み物などはここで預かってもらえます。次に、空港でよく見かけるX線を使っての手荷物検査。あと、ピーってならないかなぜかめちゃめちゃドキドキするゲートをくぐって次へ。ちなみに鳴りませんでした。

 

そのあとは椅子に座って待つこと数分。自分の番が来たら、係に人に書類を見せるように言われます。(日本語で)パスポートの裏面の謎のでっかいシールを張られます。いまだにそのシールがパスポートについています笑。はがしていいのだろうか…

 

そして次に誘導されます。この時に子供連れの方は赤いのファイルに入れなおすように言われます。このファイルがやさしい!赤いファイルはあとで登場します。ちなみに僕は普通ファイルです。

 

次は、指紋採取です。赤いファイルを持った人は別レーンに並び即受付へ!順番が来た時に係に人がアメリカ人でした。英語話せるかな?とドキドキしながら’Hello!’と’Hello!’と返してくれました。少しうれしかった。そのあと、指紋採取するから右手置いて、左手置いてと言われました。日本語で!英語話す気満々だったのに…

 

その次は面接です。ここでは15分くらい待ちました。赤いファイルの効力はここでも発揮されます。待っている間に前の人の面接を聞いたりしてました。英語で話している人もいてドキドキしながら待っていました。中には、日本人じゃないアジア系の人も並んでました。なんでだったんだのだろうか。

ついに自分の番が来ました!窓口に行くと、「はーい、こんにちは」と言われ、「あ、こんにちは…」結局そのまま日本語ですべて終わりました。ものの3分程度。

 

面接のときに聞かれたのは、「何しにアメリカに行くの?」「お金はだれが出すの?」「何を勉強しに行くの?」ってことだけでした。人によっては、アメリカに恋人がいるのではないかとか聞かれるみたいです。

このとき、働くかもと思わせたらダメ!不法移民として入国するのではないかと疑ってビザを発行してくれません。

 

ビザを発行してもらえるかはその場でわかります。発行される場合は一週間程度で届くことを伝えられ、書類とパスポートを受け取ってもらえます。自分のクリアファイルまでもっていかれました笑。そうでない場合はすべてが帰ってきます。

そのあとは少し観光して帰りました。

 

1週間と言われ待っていると、3日で届きました!自分のクリアファイルが!いや、パスポートと書類が笑 うれしくてウキウキしながらパスポートを見てびっくり!顔写真のページはなにもかわってない!まさか、却下された? そう思い、急いで大使館へメールしました。大使館からは許可されていますとの返信が。パスポートをペラペラとめくるとスタンプを押すところのページにどでかいVISAのシールが貼ってありました!この時は相当安心しました。感情の起伏がはげしい笑 今は顔写真のページが二つあります。

 

以上が面接から手元に届くまでの流れと僕の感情になります。

VISAが取れたからといって早くアメリカに行き過ぎると入れてもらえません笑 入国できるのはI-20に記載されている開始日の30日前からです。環境に慣れたり、学校が始まるまでの間に観光してもいいかもしれませんね。

ちなみに、大学に行く場合は、クラス分けのテストを早く受けるために早めに入国していたほうがいいかもしれません。ぎりぎりになると取りたいクラスがいっぱいになることが多いので。

 

幸運を祈ります。