けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

サンフランシスコの交通手段 種類たくさん ほぼどこでも行けるよ

f:id:kendamaaa:20181013132823j:plain

 

こんばんは

旅行するときに移動手段で困ることがよくあると思います。せっかくの旅行なのに時間を無駄にしてしまったり、イライラしてしまったら残念ですよね。

しかも、SFはとにかく坂が多い!登ったと思ったら下ってまた登って…

そこで今回は、サンフランシスコ(SF)の公共交通機関について話そうと思います。

 

 

 

主な交通機関はなに?

  • MUNI バス
  • MUNI メトロ
  • BART(バート)
  • Samtrance
  • ケーブルカー
  • Caltrain

 

MUNI バス

f:id:kendamaaa:20181013131237p:plain

参照元:https://www.sfmta.com/maps/muni-system-map



MUNI バスはサンフランシスコ市内にかなりたくさん走っています。感覚でいうと、市内を歩いていると常に視界に入ってると思います。

そのため、路線がかなり多くわかりにくいこともよくあります。また、路線の名前はすべて数字で表されているので、路線図が必ず必要になります。ちなみに、数字の後ろに「R」とつくものがありますが、これは快速を意味します。

 

バス停ですが、日本でよく見かけるバス停もあります。ただし中には、電信柱に黄色い帯が巻いてあり「bus stop」と書かれているだけのバス停もあります。そこには路線の番号も書いてあるので、頑張って探してみてください。探すといっても、足元には巻かれてないです笑。

 

お金の支払い方ですが、前払いになります。料金は一律$2.75です。前から乗ってお金を入れるとチケットが出てきます。さらに、90分以内なら何回でも追加料金なしで乗り継ぎが可能なんです。

日本の区間ごとによって料金が変わり、後払いに慣れていたので初めて乗ったときにそのまま乗り込もうとしたら、「hey!」って止められました… それでちゃんと払いました。ごめんなさい、知らなかったんです。

 

注意することが一つあります。それは、$2.75ちょうど用意してください。日本のように両替機はついていません。その時になかったら多めに入れるしかない…

正直に言うとお金を払わずに乗っている人も結構見ます。ただし、時々抜き打ちの検査がはいるみたいで、ばれると…$100の罰金! $2.75をケチって$100取られたらたまったもんじゃないですよね。

ちなみに、チャイナタウンのあたりはいっつもすごく混みます。東京の満員電車のよう。見たことないけど笑。

 

MUNIメトロ

MUNIメトロはサンフランシスコ市内を走る路面電車と地下鉄が合体したようなものになります。

路線はアルファベットで表されています。こちらも値段は一律$2.75で、90分の間は乗り継ぎ自由です。

比較的いつでも座れるくらいの空きです。ただし、野球の試合があるときは、AT&Tパーク(野球場)の近くの駅が人で大混雑!

 

BART

f:id:kendamaaa:20181013131612g:plain

参照元:https://www.bart.gov/stations

BARTは、地下鉄です。ある部分は地上より上を走るんやけど笑

MUNIとは違い、料金は区間ごとによって決まります。この料金区間もちょっと変わっていて、SF市内の交通だと比較的安いのですが、SF市内と市外の行き来だと急に値段が上がります。

チケットは駅のチケット売り場で買います。日本での切符の支払方法と全く同じです。

長距離移動する際はこちらがおすすめです。サンフランシスコ国際空港の駅もあるので空港から市内まで行くことができます($9.65)。これには、ちょっとの我慢で安くする裏技があるので後で教えます。

補足として、BARTは時々めちゃめちゃ臭い!

 

Samtrans

f:id:kendamaaa:20181013132005j:plain

参照元:http://www.smctd.com/



これは、San Mateoとサンフランシスコ市内 をtransportation(移動)することのできるバスです。

料金は、一律なのですがちょっと変則的です。SF市外から市内に行く向きだと$2.25。その逆の、SF市内から出るときは$4かかります。支払方法はMUMIと同じく前払いです。

 

ここで先程出てきた裏技です!

このバスは、サンフランシスコ国際空港に止まるのでBARTを使わずともサンフランシスコ市内までを行けます!すると…料金がたったの$2.25!ほぼ1/4じゃん!我慢ポイントとしては、BARTより20分くらい時間がかかるということです。

 

ケーブルカー

f:id:kendamaaa:20181013132147j:plain

参照元:https://www.sftodo.com/sanfrancisco/cable-car-san-francisco/

サンフランシスコと言えば!の乗り物ですね。ケーブルカーでサンフランシスコの坂を登ったり降りたりするのは、かなり楽しい!観光するなら、一度は乗っておきたいです。

がしかし、交通の面で考えると効率的ではありません。観光客でごった返していて、いつも満員。料金は一律なのですが、最近値上がりしてきていて、片道$7です。

ケーブルカーは交通手段というよりも、観光要素が強いです。

 

Caltrain

f:id:kendamaaa:20181013132328j:plain

参照元:https://en.wikipedia.org/wiki/Caltrain_Express#/media/File:Caltrain_train_1.jpg

Caltrainはサンフランシスコからサンノゼを繋ぐいい電車です。電車のアップグレードした感じ。

サンノゼにIT企業めぐりをするならこれに乗って行くのが一番早くて楽です。

地区が区間ごとに分けられていて、ここからここまでの区間だといくらという感じで料金が決められています。

この電車は2階建てでかなりごついです笑。

 

安くて便利な方法!

f:id:kendamaaa:20181013132447j:plain

参照元:http://www.actransit.org/youthclipper-2/

サンフランシスコにも、日本で言う「ICOCA」のようなプリペイドカードがあります。いや、Suicaやろって思った?笑 

その名も「Clipper Card」(クリッパーカード)です!

このカードは日本のプリペイドカードよりも優れものです。上記の乗り物全てに使えます。フェリーにも使えます。ピッするだけ。

さらに、クリッパーカードで払うと現金よりも少し安くなります。悩む作業が減って、安くなるなんてお得!まぁカード自体の購入に$3かかるんですけどね。

購入場所は

  • 空港のインフォメーションカウンター
  • Walgreen (ウォルグリーン) 
  • MUNIの券売所
  • オンライン

このときに、いくら入れたいかを聞かれます。入れたい金額+$3を払って、あとはピッてするだけ!

 

もう1つお得にする方法があります。

それは、MUNIとケーブルカーで使えるパスポート(乗り放題券)です。

f:id:kendamaaa:20181013132611j:plain

参照元:http://www.smallcarbigtimetours.com/muni-passport-the-best-deal-for-cable-cars-and-other-public-transportation/

BARTなどは残念ながら、乗り放題ではありません。

使い方は、その券を見せるだけ。

料金は、

1日パスポート $21 

3日パスポート $32

7日パスポート $42

 

特定の期間にたくさん乗るならこっちのほうがお得ですね。僕も、1週間観光するときはこれを使いました。

 

 

以上がサンフランシスコの交通機関になります。節約する方法がたくさんあるので、ほかのことにお金を使ってサンフランシスコを楽しんでください。正直なことを言うと、節約のために30分以内で歩ける範囲なら歩きます笑。

 

 

追記

お金は公共機関よりかかりますが、Uberを使って移動するという方法もあります。Uberの便利さは異常です。よかったら、下の記事も読んでみてください。