けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

アメリカ人はこの時期、カボチャ畑に行きます。

 f:id:kendamaaa:20181028162036j:plain

日本でも最近になって仮装をする人が増えていますよね。実際に見たことはないけど、東京はすごいみたいですね。毎年ハロウィンの次の日にニュースで見ます。

やはり、ハロウィンというとコスプレを楽しむというイメージ強い気がします。

アメリカでも、もちろんコスチュームを身にまといます。さらに、ハロウィン限定のイベントもたくさんあります。

 

そういうわけでパンプキンパッチ(かぼちゃ畑)に行ってきました。

pumpkin patch は直訳すると「かぼちゃの一帯」つまり「かぼちゃ畑」となります。

しかし、私たちが思い浮かべる畑とは全然違います。

まるで小さな遊園地!

 

私たちが行ったかぼちゃ畑の場所はこちらです。

 

この周りにもたくさんのかぼちゃ畑がありました。

 

それでは、どのようなものか紹介していきます。

f:id:kendamaaa:20181028172250j:plain

 

まずここはパンプキンパッチという名前ですが、かぼちゃだけではありません。

f:id:kendamaaa:20181028170752j:plain

  • お化け屋敷
  • ポニー乗り
  • 電車に乗る
  • ヤギを運ぶトラックに乗る

などが大きな出し物になります。ほかにもバルーンアートや風船もありました。

もちろんタダではありません。大人の1日パスは$10でした。

 

お化け屋敷

コースが怖いバージョンと怖くないバージョンがありました。せっかくなので怖いバージョンを行くことに。

 いざ中に入ってみると、まっっっくら。 何も見えません。前の人の後をついていくだけ。怖いの嫌いやけど全然怖くなかった。てか、1分もなかったな。めっちゃ短かった。

 

ポニー乗りは子供だけなのでできませんでした。

 

電車に乗る

電車って言っても、遊園地とかにある小さな電車です。会場?を回ってくれます。いたるところにハロウィンの飾りがあってみてるだけでもたのしかった。

個人的にはこれが一番面白かったな。

 

牛を運ぶトラックに乗る

これは興味深い! 実際のトラックで会場の周りをまわってくれます。

ちゃんと床はわらで覆われてるし、椅子もわらの塊。

牛の気分が分かった。わかったところでなにもないが…

 

 

f:id:kendamaaa:20181028173154j:plain

ここはかなり凝っています。

床はすべてわらがひかれてあります。

またあるとことにはたくさんのカボチャを置いてあります。

ここでびっくりしたのは、置いてあるかぼちゃは商品だということ

 

f:id:kendamaaa:20181028173409j:plain

このくらいの大きさだと$1で購入できます。2つ上に移りこんでいるかぼちゃは$3でした。

めっちゃ安く感じる。

 

家に帰ってかぼちゃを掘りたい。

 

このように、アメリカのハロウィンは仮装だけではなく、さまざまなイベントがあります。この時期にアメリカにいるときは、行ってみてください。

アメリカのおおきなイベントです。たのしかった。

 

今週のお題「ハロウィン」