けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

サマータイム終了!

f:id:kendamaaa:20181105140400j:plain

2018年のサマータイムが終わりました。このことによって、一日の長さが変わりました。ちなみに今日(11月4日)は25時間あります。

日本にはこのような制度はないので、実感がわきませんよね。

というわけで、サマータイムについていろいろ書いていきます。

 

 

サマータイムとは

日本では、「サマータイム」という名前が知られていますが、アメリカではデイライト・セービング(Daylight Saving Time(DST)と呼ばれています。

サマータイムの間は、通常の時間よりも1時間、時間進めます。

夏は、太陽が昇るのが早く、外が明るくなるのが早いので、時間を有効的に使おうということで1時間早めて勉強や仕事をします。

3月の第2日曜日午前2時~11月の第1日曜日午前2時の間がサマータイムに該当します。

「サマータイム」を直訳すると「夏の時間」ってことなので7,8月だけのことかと思ったら、1年の半分以上がサマータイムです。名前が紛らわしい。

 

3月のサマータイムの始まりでは、1時間針を進めます。

これだと、わかりくいので、具体例を挙げます。昨日までは8時からの授業だったのに、サマータイムが始まった日の授業は7時から始まるという感覚です。

さらに、毎年この日は午前2時台がありません。午前1時59分の次は午前3時です。なので、この日は23時間しかありません。

 

11月のサマータイムの終わりでは、1時間針を戻します。

具体例としては、朝に余分に1時間眠れるということです。めっちゃうれしい!

この日は午前2時台を2回繰り返します。午前1時59分の次は午前1時。なので、この日は25時間あります。

 

時差の変化

サマータイムの時は、時計の針が1時間進むので、もちろん日本との時差が変わってきます。

岡山(日本)とカリフォルニアとの時差は、(岡山は僕の出身です。笑)

サマータイムではない時は、-17時間

サマータイムの時は、-16時間

マイナスとは、カリフォルニアのほうが時間が遅れているということです。

カリフォルニアと日本の時刻の早見表になります。

日本 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
カリフォルニア 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 1 2 3 4 5 6 7
サマータイム 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 1 2 3 4 5 6 7 8

 

一応、ニューヨークとの時刻の早見表はこちら

日本 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
ニューヨーク 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
サマータイム 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 

ここで、例外を紹介します。

ハワイは、サマータイムがありません。日本との時差は19時間です。

 

 

時計の針を変更しましょう。

見出しにかいてある通りです。時計の針を変更しましょう。携帯やパソコンは自動で時間変更してくれるので気にしなくてもいいですが、部屋にかけてある時計や炊飯器の時計の時間など自動では変わらないものの針を変更しましょう。

 変え忘れて時間を間違えたってことにならないように気を付けてください。

 

 

アメリカ以外のサマータイム

国によってサマータイムの始まりと終わりの日が異なることがあるので紹介していきます。

・カナダ、メキシコはアメリカと同じ

・ヨーロッパ 3月最終日曜日午前1時~10月最終日曜日午前1時

・オーストラリア 10月最終日曜日午前2時~3月最終日曜日午前3時

・ニュージーランド 9月最終日曜日午前2時~4月第1日曜日午前3時

 

オーストラリアとニュージーランドは南半球なので季節が逆転します。なんか違和感。

 

 

 

今日は1日がめっちゃ長い…

今22時やけど、すでに24時の感覚。体内時計1時間じゃなくて2時間ずれてるやないかい!