けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

<続編>カリフォルニアで史上最大規模の山火事。 サンフランシスコへの影響。

f:id:kendamaaa:20181119160457p:plain

2018年11月8日に3つの大きな山火事が発生しました。その日から今日(11月18日)までに10日が経過しました。

3つの山火事は上の写真の場所になります。

 

11月8日の時点での状況は以下の記事をご覧ください。

 

現在の山火事の消火状況を報告していきます。

 

Hill Fire

こちらの山火事は11月16日に完全に鎮火しました。焼失面積は4531エーカーになります。山手線の内側の面積×0.2。東京ドーム400個分。

前回の報告の時より1エーカーしか広がっていないので、消防士さんが時間をかけて必死に食い止めたことが分かります。

 

Camp Fire

こちらの山火事は3つの中で1番大きいものになります。

10日たった今でも燃え続けています。焼失面積は150000エーカー。山手線の内側の面積×8.7

琵琶湖の面積×0.9!

かなり大きな面積が燃えています。日本地図の琵琶湖の面積が燃えたって想像したら信じられないですよね。

現在の鎮火率は65%です。半分を超えてきました。

11月30日に鎮火予定。

 

Woolsey Fire

こちらの山火事もまだ燃えています。

焼失面積は96949エーカー。山手線の内側の面積×5.6

現在の鎮火率は91%です。ラストスパート!

11月22日に鎮火予定。

 

こちらの山火事もかなり大きいです。また、ハリウッド俳優などの高級住宅が立ち並ぶ地区にも影響が出ています。

 

 

 

これらのことについて連日ニュースに映像が流れているのですが、様子を一言でいうと、「火の海」です。道の両サイドの建物や木が燃えています。気になる方はネットやYouTubeで検索してみてください。

 

 

サンフランシスコへの影響

 火事発生からいまだに空気の状態が悪いです。むしろ日に日に悪化しています。

そういうわけで、僕の通っている大学は金曜日お休みになりました。サンフランシスコ市内のほかの学校も休みになったようです。

また、今後のことも懸念してからか、19,20,21日も休みになることになりました。

22日からThanks givingの休日が始まるので、来週いっぱいお休みです。

つまり、16日(金)~25日(日)までの10日間休み。

 

 

街の景色は灰のせいなのかよくわからないが、霧がかかったような感じになっています。

臭いもなんか臭いし、息をするのにもかなり引っかかるような感じがします。

実際、空気の悪さは12本のたばこを同時に吸うのに匹敵するほどです。

今、のどが痛い。

火曜水曜あたりに雨が降るようなので、空気中に漂っているものが落ちてくれるかな?

そうなることを願います。

 

 

マスクをしている人が多いのですが、普通のじゃない。なんか変わったやつ。

こんな感じのやつです。

ホストファミリーが買ってきてくれたのですが、なんだかつけるのが恥ずかしい

つけるべきであり、みんなつけているということはわかっているのですが、やっぱりなんだか恥ずかしい。

マスクをつけるか、空気を我慢するかで悩んでいます。

 

この空気を懸念して、ホストファミリーのうちに3台の空気清浄機が届きます。

もともとThanks givingのセールの時に買う予定だったのですが、それまで待てないということでセールを捨てて早めに買いました。

セールを待って体調を崩すより、早めに買うことをおすすめします。

僕の住んでる町ではところどころにでかいコンテナが道路に置かれるようになりました。火事を起こさないように、広げないようにと自宅の木を切ろうという動きが始まりました。切った枝をコンテナに入れて回収されます。
どこのコンテナもてんこ盛りになるくらいの枝が入っていました。
今回の出来事で火事予防への意識が高まったようです。
 
 
これから冬の季節で乾燥してきます。さらに、熱をよく使うので火事になりやすいです。
皆さんも火事予防や広めないためにしっかりと準備しておきましょう。