けんだま流

アメリカ、サンフランシスコの留学生の生活

Merry Christmas!!! アメリカのクリスマスについて

f:id:kendamaaa:20181228150618j:plain

今回はアメリカのクリスマスについて書こうと思います。

とはいうものの、これを書くのは日本時間12月28日なので、もうすでにクリスマスのことは忘れて、お正月気分だと思います。

でも書きます。今日を逃したらもう今年は書けなくなってしまう。

 

 

 

アメリカのクリスマスは日本とは かなりちがう

クリスマスと聞くと何を想像しますか? おそらく、リア充、カップルなどを想像すると思います。

だだし、アメリカではそんなイメージは全くありません。クリスマスは家族と一緒に暮らす日です。たとえ、恋人がいたとしても。

 

クリスマスプレゼントはサンタさんからだけではない! 

 もちろんサンタさんからももらえます。しかし、家族どうしで送り合ったりもします。

僕も、ホストファミリーからいろいろ送ってもらいました。もちろん、僕からも。あと、自分の親からもちゃかりもらいました。

さらに、ホストファミリーも彼らの親からプレゼントが郵送されてました。自分の子はいくつなっても子供っていう概念かな。

 

つまり! めっちゃたくさんのプレゼントをもらえる。

すごいうらやましい。小学生のころなんかクリスマスプレゼントは基本5000円ルールがあったのに。

 

 

クリスマスツリー

当たり前ですが、何日か前からクリスマスツリーを飾ります。本物のクリスマスのツリーを売っているところがたくさんあります。1本1万円くらい。

12月に入ると、ツリーを買って、車の上に縛って持って帰っている光景をよく見ます。

 

ツリーに飾り付けをして、どんどんツリーの下にプレゼントを置いていきます。

f:id:kendamaaa:20181228153941j:plainf:id:kendamaaa:20181228154137j:plain

これで4人分です。まるで大家族の様。

 

 

変なセーター

なぜかはわかりませんが、クリスマスの時期にUGLY SWEATER(変なセーター)を着ます。これは、みんなではありませんが、定番のようです。

 

f:id:kendamaaa:20181228154955j:plain

f:id:kendamaaa:20181228155008j:plain

こんなキットもありました。セーター型のクッキーに飾り付けして、uglyにするってやつ。ホストファミリーのとこの子供と一緒にやったのですが、意外と楽しかった。

 

 

クリスマス当日

クリスマス当日は、家族みんなで過ごします。自分たちの家族だけではなく、ほかの家族を招待して、一緒に過ごしたりも。

 

僕の地域では、昼間にサンタさんがやってきます。警察と消防車がサンタを先導してました。消防車がサイレンが聞こえるとみんな外に出て、サンタが来るまで待機。

子供は、おもちゃをもらうことができます。その他は、リンゴをもらいました。

僕は、おもちゃをもらえませんでした…

 

写真撮影をしてきました。

f:id:kendamaaa:20181228160506j:plain

 

まあ、アメリカのクリスマスはこんな感じです。